後遺症の症状固定

交通事故で病院に搬送され治療を受けることになりますが、実務上は「傷害部分」といいます。そして、傷害部分の治療が終えると症状固定ということになるのです。

事故から症状固定までの間は、治療のために入院されたり通院されたりすると思います。この間の全ての費用は、立替払いも発生しますが、加害者が支払うことになるのです。そして、症状固定までの期間に対し休業損害が発生しますのでこれも加害者に請求してください。

症状固定時には、入通院に対する慰謝料を請求することができますから、この費用については、事前に加害者もしくは任意保険会社と納得の行くまで話し合うことが必要だと思います。症状固定は、被害者の意見を聞いた上で医師が判断することになりますが、その期間については、被害者の状態により変わりますから、半年もあれば1年以上という事もあるのです。

症状固定までに完治できなかったものは、後遺症ということになりますが、後遺症を克服するためにリハビリを継続されることはよくあります。後遺障害等級認定が出るまでの間に行った治療は、すべて認定後の費用ということになるのです。任意保険会社によって対応が異なる事がありますので、加害者側とよく相談をして下さい。