交通事故で怪我をした時、病院で治療を受けますが、治ることのない症状が残存すれば、それは後遺症に当たるのです。後遺症が交通事故の後遺障害と判断された場合、後遺障害等級表の中から、その症状が認定されて、等級に沿った形で慰謝料や逸失利益の賠償がなされます。

後遺障害の等級を査定するのは、自動車損害賠償責任保険を通じて損害保険料率算出機構が判断することになるのです。ここで審査される内容は、医師から提出された診断書やその他資料を見て判断し、被害者と直接面談をするようなことはありません。そのため提出する書類に不備があれば正確な等級判定ができないことになります。

医師に作成してもらう書式は、自動車損害賠償責任保険や任意保険会社に経過診断書や診療報酬明細書それに後遺障害診断書が完備されていますので、それに記載してもらってください。検査結果を示す書類は任意の書式ですから、説明が難しいような症状にはレントゲン写真なども添付することです。

経過診断書や診療報酬明細書は、病院から直接加害者の加入している任意保険会社に提出され請求することになりますが、経過診断書の内容が後遺障害診断書と掛離れた内容や後遺症に対し否定的な内容なら損害保険料率算出機構は、等級査定をしませんので、交通事故を前提とした文面となるよう経過診断書を作成してもらう必要があります。後遺障害診断書は、症状固定後直ちに作成され、被害者に渡されますが内容を良く確認して、問題箇所があれば医師にその症状を伝え、後遺障害診断書を訂正してもらうことです。

後遺症の判断基準